クリエイタータイプ(座談会)|Webで会社説明会|株式会社メディックメディア|採用特設サイト

Webで会社説明会

クリエイタータイプ

クリエイタータイプ

A.M
私立大医学部出身。卒業後入社。『病気がみえる』シリーズに携わる。

<座談会参加者>
M.U - 医学系第二編集部編集長
A.M - 私立大医学部出身
M.T - 国立大医学部出身
Y.K - 国立大医学部出身
A.Y - 国立大医学部出身

M.U
「医師免許を取得した人材で、モノづくりのセンスがあるような人材がいれば、チームに加わってもらって、もっと分かりやすい使いやすい医学書を一緒に出していきたい!」って思うんです。だから、今日は、みんなと話しながら、どういう人材が向いているか、具体的に考えてみたいな、と。
M.T
どういうコンテンツをこれから出していくのかによっても、求める人材は変わってきます?
先輩の医学部出身社員の学生時代のノート。

先輩の医学部出身社員の学生時代のノート。

M.U
そうだね。まず、『病気がみえる』の新刊を増やしたり、改訂したりしてパワーアップさせていきたい。あとは『みえる』系の新企画だね。『薬がみえる』シリーズとか。監修の先生は多忙だし、多くの場合は図版を考えて描くことが得意じゃないから、『みえる』系の本は、図版の原案を編集部で作って先生に提案していくんです。一つ一つの図版を考えるだけでなく、パワーポイントでプレゼンするときの要領で、どういう順番でどういう図版をみせていくかも考えていく。で、先生と打ち合わせして図版を磨いていくんですね。だから、絵を描くのが好きなだけでなく、“伝える”ことに凝る人が『病気がみえる』系の本に向いていると思う。
A.Mさんは、『病気がみえる』や『薬がみえる』の図案制作で活躍してくれていますが、学生時代はどういうタイプでした?
M.T
学生時代は、ノートをまとめるのが好きでしたね。解剖や生理、疾患を臓器ごとにまとめたり、色分けをしたりするのが楽しかった。
M.U
メディックメディアに入社したのはなぜでしょう?
A.M
医師になることも考えたのですが、医学部以外に医学部で学んだことを活かせる仕事がないかと検索して、メディックメディアのホームページを開いたのがきっかけですね。
先輩の医学部出身社員が入社後に描いた『病気がみえる』の図案。

先輩の医学部出身社員が入社後に描いた『病気がみえる』の図案。

M.U
A.Mさんのような人材は「クリエーター型」の編集者といえる。『病気がみえる』に掲載するイラストはプロのイラストレーターが描いていますが、その原案を考えることは本づくりの中で一番重要な役割です。医学教育を受けているからこそ、一緒に図版のアイディアを練っていく僕たち編集者にとって「クリエーター型」の医学部出身者は非常に頼もしいパートナーとなります。こうした人材とチームをつくって完成させた『病気がみえるvol.7 神経』は空前の大ヒットになったのは記憶に新しいですね。

Webで会社説明会

  • お問い合わせ・アクセス
  • FACEBOOK
  • マイナビ2019