mediLink開発の理由|デジタルコンテンツについて|Webで会社説明会|メディックメディア|採用特設サイト

Webで会社説明会

mediLink開発の理由

出版社が電子書籍を発行する際、通常は、Amazonなどの電子書籍ストアで販売し、そのストアに対応したリーダーアプリで読むようにするスタイルを選択します。
しかし、私たちは、既存の電子書籍リーダーや電子書籍ストアを利用して電子書籍を販売するのではなく、自社でリーダーアプリやストアを開発し、展開することを選択しました。

というのも、他者の既存のリーダーを使用すると、私たちが「やりたい!」と思っていたことがほとんどできないからなのです。
例えば、医学を学ぶ際、1つの本のなかで様々なページを参照したり、他の本を参照したり…ということが多々あります。また問題集を解いて間違えたときに、ベースとなる知識を教科書や参考書など確認したくなることもあります。
だから、教科書や参考書、問題集、外部サイトと連携するように電子書籍を制作したいわけですが、既存の他社の電子書籍サービスではこういった工夫がほぼできません。

mediLink開発の理由

mediLinkサイト
https://www.medilink-study.com/

また、タブレットだけでなくスマートフォンでも読みやすいほうがいいですよね。 電子書籍を買ったことのある方はわかると思いますが、小説などの文章主体の本は、“リフロー型”といって、画面のサイズや文字の大きさの設定などに応じて改行位置が自動で変わるためスマートフォンでも比較的読みやすいのですが、その一方、雑誌やマンガなど文章と写真のレイアウトを変動させにくいコンテンツは“固定レイアウト型”といって、PDFをめくるだけの感じになってしまうため、スマートフォンの小さい画面では読みにくいのです。また“固定レイアウト型”はPDFがベースであるため、他書籍へのリンクボタンなどのデジタルならでは機能が埋め込みにくい。

でも、私たちは『病気がみえる』のような文章とイラスト・写真が組み合わさったビジュアルが主体のコンテンツもスマートフォンで読みやすくしたり、いろんな本やサイト、動画と結びつくようにしたりしたかったんです。
既存の他社の仕組みを使うと、こういった問題を改善する工夫もできません。

紙と電子の販売の仕方もポイントでした。例えば医学生の場合、勉強するときは頭に入りやすいので書籍を使い、実習中の調べ物など本を持ち歩けないときは電子書籍を使いたいというニーズがあります。このようなニーズに対応するため、書籍と電子書籍の双方お得なセット価格で販売したい。しかし既存の他社の仕組みを使うと、書籍を買うとその書籍の電子版を電子書籍ストアで割引で買えるというような販売方法ができません。

結局、自分たちの「やりたいコト」を実現するには、自社で電子書籍リーダーを開発し自社サイトで売るしかなかった。それがmediLinkという電子書籍サービスを立ち上げた理由なんです。
普通の出版社ならリスクもコストも高くてまず通らない企画ですよね…。
メディックメディアは、社長自らが積極的に電子化を進める音頭を取っているので、GOサインが出てしまうんです。

mediLink開発の理由

Webで会社説明会

  • お問い合わせ・アクセス
  • FACEBOOK
  • マイナビ2019