多彩なメディアで展開したい|デジタルコンテンツについて|Webで会社説明会|メディックメディア|採用特設サイト

Webで会社説明会

書籍だけでなく、多彩なメディアで展開したい

1ページ1行の表現まで積極的に関わる

編集部担当役員 M.U
1999年入社

メディックメディアのビジョンは「専門的な医学知識を わかりやすく より多くの人に提供する」ということ。
出版社の名称というと、「◯◯出版」とか「◯◯書店」といったものが多いですが、弊社の社長は、「書籍だけでなく多彩なメディアを使って伝えていきたい」という思いを込めて、1979年に、メディックメディアと命名しました。

そして、創立から40年以上過ぎた今、スマートフォンやタブレットの登場や、動画ストリーミング技術や通信環境の発展によって、ようやくそうしたマルチメディア戦略が昔に比べ、ずいぶんと実現しやすくなってきました。

書籍だけでなく、多彩なメディアで展開したい

この時代の流れに応じて、私たちも書籍だけでなく、動画や電子書籍、アプリなど、扱うメディアの選択肢が増えていき、いまはそれらのコンテンツだけでなく、ITを活用した“仕組みづくり”までがチャレンジの視界に入ってきました。
ターゲットとなるユーザーも学生(BtoC)だけでなく、学校や教員(BtoB)が増えてきました。

社長は、メディックメディアを「“出版社”という概念で考えるな」といいます。
確かに “出版社”を「書籍をつくる会社」と定義するなら、これからのメディックメディアは、その定義から脱し医学教育企業に変化していくべきなのでしょう。
実際、2016年くらいから、ITエンジニアの採用が増え、アプリやe-learningサービスを外注だけでなく内製化できるようになってきました。

ここでは、そんなメディックメディアのe-learningコンテンツやEdTechに対する取り組みと現在地点を説明していきます。

Webで会社説明会

  • お問い合わせ・アクセス
  • マイナビ2022
  • FACEBOOK
  • Instagram