医療系_イラストレーター_A.M|先輩インタビュー|株式会社メディックメディア|採用特設サイト

なぜメディックメディアに?

A.M

『薬がみえるvol.1』の認知症のイラストを描いているところです。

看護師として2年間オペ室に勤務した後、別大学の医療福祉環境デザイン学科に編入、卒後メディックメディアに就職しました。

もともと物作りが好き、面白い物が好きという性格で、学生の頃使っていた『看護学生のためのレビューブック』は、挿絵のセンスが楽しくて印象的でした。
デザイン学科在籍中は医療に役立つ物作りをしたいと考えていて、そんな時書店で医学書類を見ていたら、メディックメディアの本は面白いものばかりと感じたのです。
医療の仕事は莫大な知識が必要な反面、多忙で勉強する時間が取り難い、というのが私のオペ室時代の実感だったのですが、メディックの書籍ならそんな中でもポイントをスピーディに楽しく学べる。素晴らしい事だと思いました。

メディックメディアの目指すものが「専門的な医学知識を、わかりやすく、より多くの人に提供する」だと知り、さらに働いてみたくなり、作品ファイルを作って応募しました。

どのような仕事を?

A.M

上で描いている「認知症」のイラスト。画力は自信が無いのですが、編集長には「シンプルで暖かみのあるイラストがMさんの特徴」と言っていただいています。有り難いです。

主に『病気がみえる』のイラストレーターとしてお仕事をさせていただいています。
やはり「忙しい医療者・学生の方がスピーディに学べるよう、一目でポイントが伝わる」ことが自分の中の信条で、それを念頭に制作しています。

イラストレーターとして、編集側の原案の意図を汲み取るのは最も重要ですが、さらに分かりやすくする為に自分なりの工夫も加えています。
悩んで工夫を重ねた箇所を、編集の方に「いいね!」と言っていただいたり、読者ハガキで「わかりやすかった」との声をいただいたりすると、たまらなく嬉しいです。

現在は?

A.M

装丁を担当した『病気がみえる』です。今や200万部を超える大人気シリーズに!

実はメディック10年目になる今年、社員からアルバイトになり、看護師と兼業を始めさせていただいています。
イラストレーターの仕事は大好きですが、オペ室の2年しか看護師経験が無く、自分の出産や両親の病気を通じても、看護師として何もできない事が残念だったので…。
某総合病院の急性期混合病棟で、一から看護を学び直している最中です。

やはり看護の仕事は厳しいですが、先輩方に恵まれ、少しずつ成長している実感があります。
普通の会社ならあり得ないかもしれませんが、兼業を理解し認めてくださっているメディックメディアに感謝しています。
今はまだ病棟看護1年目ですし、家では3歳の娘の世話に追われて毎日余裕がありませんが、今自分が学んでいることをいかして、いつかメディックメディアの仕事で恩返しできたら…と思っています。

今の私のような新人ナースが最初に学ぶべき事をイラスト化した書籍や、患者さんのための治療の冊子など、私にしかできない「医療に役立つ物」を作っていきたいです。

同じ職種の先輩インタビューをみる

  • お問い合わせ・アクセス
  • FACEBOOK
  • マイナビ2019