営業_K.Y|先輩インタビュー|株式会社メディックメディア|採用特設サイト

営業グループの仕事

K.Y

これから医学部の学生を対象に商品のプレゼンをしてきます!

営業グループはいわゆる「外回り」を担当する部署です。出版社の営業先と聞くと書店を想像すると思いますが、実際は多岐にわたります。私の場合は大学や専門学校の教員・事務の方々に商品をご紹介することや、医学部の学生さんを対象に当社書籍の内容や効果的な使い方をプレゼンテーションするなど、直接読者に商品を紹介することが多いです。広告では見えづらい特長をしっかりと伝えることが、営業グループの主な仕事になります。

そのほかに、ちょっと変わっていると思いますが、医学書業界では同業他社で協力し合うことがあります。書店で共同のフェアを実施することもあれば、情報交換のための懇親会が定期的に開催されていたりもします。こうした対外的な活動で得た経験・情報を社内で共有することも大事な役割となっています。

仕事のやりがい

K.Y

学校ごとにニーズが異なるので、多くの学生にヒアリングします。

1つのことが派生して、別の仕事に繋がることが面白いです。
実例をご紹介すると、ある学校の学生から当社商品の使い方の説明会を開催してほしいという依頼がありました。「学生の希望者のみ参加する」という話でしたが、進めていくなかで、今度は学校の教員が関心を示し、「他校の勉強法の成功例を教えてもらえないか」という相談をいただきました。そこで、当社の持っている情報を元に学生にも新たに解決案を検討・提案すると、喜んでいただき、最終的に「学校主催での説明会」といった形でプレゼンテーションすることになりました。
私は、お客様の話にそのまま対応するだけでなく、まずは何を目的としているのかを確認するようにしています。その分作業は増えますが、最終的にお客様の要望にかなった提案をすることが、営業の醍醐味だと思っています。

これからの営業グループ

K.Y

カリキュラムや試験日程は毎年変わるため、その都度データを更新します。

「1つの仕事を立ち上げて、完結できる」人と一緒に働きたいです。
当社はこれまで書店や教員、学生といった主にB to Cの営業に力を入れてきました。これからはB to B、学校をはじめとした「組織」への営業を強めていければと考えています。新しい取り組みになるため、ユーザーからの情報収集やニーズの分析、それらをもとにした企画の立案・提案やスケジュール管理、そして社内の調整など、さまざまな能力が求められます。
そのなかで重要なのは、企画を立ち上げることだけではなく、終わりまで責任をもってやり抜くことだと思っています。営業グループはもちろん他部署のサポートもありますので、「やり切った!」と思える仕事を一緒にできれば嬉しいです。そんな方のご応募をお待ちしています。

同じ職種の先輩インタビューをみる

  • お問い合わせ・アクセス
  • FACEBOOK
  • マイナビ2019